快適生活ができる新築一戸建てになるまで

私たちが家を購入する際、土地の脇の堀の安全面危険面(子供が堀に落ちないか、)と道路の幅が車が通るのに十分な幅があるか、子供が散歩や通学で歩くのに安全かと近隣の建物の距離感(元々田舎に住んでいたため隣の家との距離がいいと圧迫感があるため。)と建物の高さ(自分が建てようとしている家は何階建てで近隣は何階建てなのか)に悩みました。

堀に関しては土地のすぐ隣なのでフェンスを設置しました。フェンスを取り付けたことで安全になり子供たちも安心です。
道路幅はセットバックして建物の位置を考え構想して車が通っても歩行者が通れるようになりました。近隣の建物の距離感は建物の位置とリビングの位置窓の位置で解決しました。
高さは部屋に光が入るように中2階の作りにして窓を多めに設置し解決しました。日照時間と1日の光の向きも調べました。

住宅密集地に家を建てようと考えている方、家の中に光が入る家が良いですよね?自家用車を所有している方、お子さんがいらっしゃる方道路の道幅気になりますよね?
場所、土地の形、周辺の建物の距離と高さを考慮したほうが良いです。あとは建物の間取りも1日土地の日差しを調べてみて考えるのをお勧めします。