大事なのは、新築の『大きさ』よりも『場所』!

家を購入しようと思い立ったとき、いろいろと考えなければならない要素が多すぎて漠然としてしまい、何から決めてよいのか迷うところです。
私は住む場所を考えるとき、賃貸物件の時でもそうでしたが、考える条件は大きく3つあると思います。
それは、『価格』『立地』『間取り』です。
この3つは、どれかに自分の希望を重点的にいれようとすると、必ず他の2つの要素のクオリティが下がると考えてよいでしょう。

まず住宅の購入を検討した時、この価格、立地、(注文か建売かも含めて)間取りの3要素に優先順位をつけました。そして、それぞれの条件について、ここまでは譲れる。という最低ラインを、自分の中でしっかりと決めておくことが大切です。
私は、家族と相談のうえ、価格、立地、間取りのうち、立地を優先させることにしました。職場や学校からの距離や、買い物での便利さを考慮に入れ、そして徒歩圏内に特急の止まる駅があることを条件としました。
価格も、無理のない範囲で上限を決めましたので、残る間取りは、注文住宅ではありましたが、かなり限定されるものになりました。
結果、私が購入した住宅は、決して大きいものではありませんでしたが、とにかく利便性がよく、現在、通勤においても、プライベートの外出の際でも、ストレスなく生活できています。

ご自身のライフスタイルを一度振り返り、自分にとって快適な暮らしとは、なにを求めることなのか。ということをはっきりさせておけば、おのずと住みたい家の形が見えてくるでしょう。