新築 一戸建ての明るいこだわり玄関

主人が家を新築するのに間取りや配置を最重要視していたので、妻の私は壁紙やデザインを重要視して家を建てました
まず玄関は外から来たら一番最初に入る場所、お客様も一番最初に見る場所なので二人とも特にこだわりました。
一般的には玄関の間取りはそれほど広くは取らないとのアドバイスでしたが、広い空間をとり明るく感じるように全体的に白を基調として、玄関から採光がとれるように側面に大きな窓をいれました。
位置も一番明るい南面に配置して、常に明るくいい場所になっています。

玄関は家の顔と言われるのでとにかく明るく、お客様が来たときにいい雰囲気が出るようにとたくさん趣向を凝らして作ってもらいました。
玄関ホールは白い大理石調のタイルにして、足元にLEDライトで間接照明を入れました。
側面の壁には白基調のモザイクタイルをはめているので、ほとんどのお客様、特に女性の方は綺麗ですと褒めてくださいます。
季節のお花などが飾れるように、壁にニッチといって壁の奥行の空間を利用して棚を作ってもらい、限られたスペースのなかでも物を飾れる場所が確保出来ました。
靴も外に出しておかなくても済むように天井から床までの大きな靴箱を設置してもらい、観音扉の片方に全身鏡を入れてもらい、機能的かつ収納力抜群になっています。

やはり明るい玄関はとても綺麗で、特にデッドスペースを利用したニッチはお勧めです。
何も飾らなくても奥行が出るので広く感じられますし、我が家では5月はカーネーションと鯉のぼり、お正月にはお正月飾りや鏡餅、クリスマスにはツリーやサンタさんを飾って子供と季節を楽しんでいます。
お金は高くなってしまいますが、玄関周りにタイルを入れると一気に高級感が増すのでこちらもお勧めです。
ただ、玄関の靴で入る部分にも白タイルを入れたのですが、これは汚れがかなり目立ってこまめな掃除が必要でした。
アイボリーやベージュ系などワントーン落とした色味でもよかったなと感じています。

PR:クレジットカードの即日発行じゃけん,女性向けエステ.com,住宅リフォーム総合情報,英語上達の秘訣,貯蓄,ページランク, 相互リンク募集,PVランキング,構文チェック済-SEO対策リンク集,検索エンジン SEO-AQUA